2014年4月29日火曜日

久伊豆神社太々神楽(平成26年4月29日)

久伊豆神社太々神楽(平成26年4月29日)
久伊豆神社太々神楽(平成26年4月29日)

久伊豆神社太々神楽(平成26年4月29日)

第一幕 巫女舞(11時頃から)

  • 巫女舞は、穢れを知らない女性が勤め、舞台を清めたと言われています。先ず御幣と鈴を持って、本間と言う曲で舞い、次に榊の枝を持って神楽昇殿と言う曲で舞い、最後にまた御幣を持って幣神楽という曲で舞い納めます。

第二幕 三筒男神(2時頃から)

  • イザナギの命は、妻イザナミの命を亡くし、黄泉の国まで追っていきましたが、会うことは叶わず帰ってきました。九州、日向のアワギが原というところで穢れた身体を清めていますと、上筒男、中筒男、底筒男の三人の神が現れて、剣の舞い、奉幣の舞、末広の舞を舞って五穀豊穣を祀るめでたいお神楽です。

第三幕 小鍛冶(4時頃から)

  • 三条小鍛冶宗近が、勅命の御剣が立派に打てるように伏見の稲荷明神に加護を祈っていると、目の前に稲荷大神が槌を持って姿を現し、いっしょに槌をとって打ち立派な剣ができました。剣の名を「小狐丸」と名づけました。

第四幕 山神(5時50分頃から)

  • 山神は今日一日の神々が現れて穢れた舞台を清めて、元の神聖な場に戻すという役目を背負っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿