夏越大祓(令和2年6月30日)

夏越大祓(令和2年6月30日)
夏越大祓(令和2年6月30日)

夏越大祓(令和2年6月30日)

夏越大祓の御案内

  • 大祓は昔から人々の罪や穢れ、災禍、病気をも祓う神事として宮中をはじめ全国の各神社で斎行されてまいりました。
  • 水はあらゆるものを清く美しくする力があると信じられてきました。大祓は、私たちが日常生活に於て、知らず知らずに犯してしまう罪や穢れを人形(ひとがた)に移してお祓いし、水に流すことによって心身を清浄にし、さらには世の中をも祓い清めるため、遠き神代の昔より節目ごとに行われてきた大切な神事です。
  • 当神社では、水無月(六月)、師走(十二月)の年二回、大祓のご案内を申し上げておりますが、今回御返送されました形代(かたしろ)は恒例により六月三十日の夕刻、御神前で大祓式を厳修して祓い清め、後日大海原に流します。
  • この意義深い大祓神事を受けられ、身も心も清々しく、健やかに夏越しされますよう左記の通りご案内申し上げます。

一、日時 六月三十日 午後五時三十分
一、式場 久伊豆神社
一、御初穂料 お心持ち

夏越大祓和歌

  1. みな月の なごしの祓ひ する人は 千年の命 のぶというなり
  2. 思ふ事 みなつきねとて 麻の葉を きりにきりても 祓ひつるかな
  3. 蘇民将来 蘇民将来 (繰返して唱ふ)

コメント

人気の投稿

四月の行事(令和3年)

久伊豆神社おかがり祭里神楽(平成28年11月28日)

久伊豆神社縁起市里神楽(平成29年12月15日)

どんと焼(平成31年1月14日)

四月の行事(平成26年)

二月の行事(平成28年)