投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

年越大祓式(平成26年12月31日)

イメージ
年越大祓式(平成26年12月31日) 年越大祓の御案内師走の候、皆様には如何お過ごしでしょうか。今年も年末恒例の年越大祓をご案内する時節となりました。大祓は、私たちが日常生活において、ついつい見過ごし、気付かないでいる心と身体の曇りや邪気(罪や穢れ)を人形(形代)に移しお祓いする神事です。このように大祓は、あらゆるものを清く美しくする、浄化の力と生命力がある水に流すことによって、心身を清浄にし災禍・病気等も祓い、世の中をも祓い清めるために行われてきた大切な儀式です。当神社では、師走(十二月)、水無月(六月)の年二回大祓のご案内を申し上げております。今度ご返送されました形代は、大晦日の夕刻、左記のようにご神前で大祓式を厳修して祓い清め、後日大海原に流します。この意義深い大祓神事を受けられて身も心も清々しく、新年をお迎えいただきたく、ご案内申し上げます。
記 一、日時 十二月三十一日 午後五時三十分 一、式場 久伊豆神社 一、御初穂料 お心持ち ◎ご自由にご参加下さい。

御燎祭(平成26年12月21日)

イメージ
久伊豆神社(越ヶ谷)おかがり祭12月21日 御神楽奉納久伊豆神社(越ヶ谷)境内 久伊豆神社奉仕会午後5時30分より斎行お焚き上げするものは午後8時までにお持ち下さい。 ◇おかがり祭◇旧暦神無月(10月)の晦日(末日)に出雲に赴いておいでの神々を、篝火を焚いてお迎え申し上げるお祭りです。当日は古神札や古熊手など氏子崇敬者多数が持参し、この火にあたると風邪にかからないといわれています。 ◇お焚き上げ◇本来は、古神札・古熊手・だるま等は、「おかがり祭」にお焚き上げする事がならわしといわれています。以前はお正月元旦に持参する事はなかったそうです。 ◇どんと焼◇お正月用のしめかざり等を忌火(神域などで燃える火)にて焼納する祭り。 ※神事の為、ぬいぐるみ・人形・など、また、環境保全の為、ビニール・プラスチック製の物の持ち込みは、ご遠慮頂いております。なお、事故防止とお焚き上げ品の軽量化のため紙袋・包装紙・ポリ袋をはずして、おかざり・お札本体のみお預かりいたします。
久伊豆神社おかがり祭里神楽(平成26年12月21日) 第一幕 巫女舞(5時頃から)巫女舞は、穢れを知らない女性あるいは老婦人が勤め舞台を清めたと言われています。本日は小学校五年生の児童が勤めます。御幣と鈴を持って「本間」と言う曲で舞います。一生懸命に稽古をしてきました。はじめての披露ということになります。是非見てやって下さいませ。
第二幕 高天原神集い(6時30分頃から)世界が天上界(天津神)と地上界(国津神)に分かれていた頃、天津神の意にそむく者が現れてきたので、天の安之河原に八百万の神々を集めてこらしめようと相談します。その時の使者として天菩比神を使わすことに決め、大国主命の住む地上界へ降りて行きます。第三幕の前段でございます。
第三幕 菩比上使(8時頃から)富み栄えている豊葦原の中津国・出雲国を見た天照大神は、この国をわが子に治めさせたいと考え、豊葦原の中津国を譲り受けるための使者を送ることにした。 天安之河原に八百万の神々を集めて相談した結果、選ばれたのが天菩比彦神であった。しかし、豊葦原の中津国に赴いた天菩比彦神は大国主命に懐柔されて、酒を飲まされて眠ってしまいました。
第四幕 山神(8時50分頃から)山神は、今日舞台に現れた神々で穢れた舞台を、清めもとの神聖な場に戻す役目を背負っております。おかがりの…

縁起市(平成26年12月15日)

イメージ
久伊豆神社縁起市里神楽(平成26年12月15日) 第一幕 巫女舞(2時頃から)巫女舞は、穢れを知らない女性が勤め、舞台を清めたと言われています。先ず御幣と鈴を持って、本間と言う曲で舞い、次に榊の枝を持って神楽昇殿と言う曲で舞い、最後にまた御幣を持って幣神楽という曲で舞い納めます。
第二幕 八幡山(4時頃から)仲哀天皇が筑紫の、香椎野宮において熊襲征伐を思い立ち、妻の神功皇后が武運を占うことになりました。皇后は神がかりとなり神の言葉を発しました。皇后が出立しようとすると急に腹痛がおこり、そこにうずくまります。皇后はすでに妊娠をしておりました。そばに寄り添った武内宿禰は傍らの石を帯に挟んで出立するよう進言しました。
第三幕 菩比上使(7時頃から)富み栄えている豊葦原の中津国・出雲国を見た天照大神は、この国をわが子に治めさせたいと考え、豊葦原の中津国を譲り受けるための使者を送ることにした。 天安之河原に八百万の神々を集めて相談した結果、選ばれたのが天菩比神であった。しかし、豊葦原の中津国に赴いた天菩比神は大国主命に懐柔されて、酒を飲まされて眠ってしまいました。
第四幕 小鍛冶(8時30分頃から)三条小鍛冶宗近が、勅命の御剣が立派に打てるように 伏見の稲荷明神に加護を祈っていると、目の前に稲荷大神が槌を持って姿を現し、いしょに槌をとって打ち立派な剣ができました。剣の名を「子狐丸」と名づけました。
第五幕 山神(8時50分頃から)山神は今日一日の神々が現れて穢れた舞台を清めて、元の神聖な場に戻すという役目を背負っております。

月次祭(平成26年12月15日)

イメージ
月次祭(平成26年12月15日)平成26年12月15日午前8時 越谷久伊豆神社住所:〒343-0024 埼玉県越谷市越ヶ谷1700電話:048-962-7136

十二月の行事(平成26年)

イメージ
十二月の行事(平成26年)12月1日(月) 月次祭12月15日(月) 月次祭、縁起市12月21日(日) 御燎祭12月31日(水) 年越大祓式

月次祭(平成26年12月1日)

イメージ
月次祭(平成26年12月1日)平成26年12月1日午前8時 越谷久伊豆神社住所:〒343-0024 埼玉県越谷市越ヶ谷1700電話:048-962-7136